zoo-palette管理人のゆるゆる日記 動物園 動物ブログ
zoo-palette管理人のゆるゆる日記 動物園 動物ブログ

zoo-palette「ゆるゆる日記」

いつも 動物園情報サイトzoo-palette(ズーパレット) をご覧いただき誠にありがとうございます。

 

こちらのページは、当サイト管理人の日記コーナーです。

zoo-paletteの制作のウラ側をはじめ、動物について感じたこと、「大切なこと」から「どうでも良いこと」など、ゆるゆると自由に気の向くままに書いております。

多少文面が粗雑になる事もあるかとは思いますが「息抜きページ」としてご容赦いただければ幸いです。

 

・・・ 動物園情報サイトzoo-palette 管理人 ・・・


第1話(2022/5/1)

私は動物園に行って「超・至近距離」で動物を見るのが大好きです。

「ロバの瞳孔は横長」の巻
「ロバの瞳孔は横長」の巻

そうなんです。動物をまじまじと見るのが好きなんです。

 

先日、近くの動物園でいつものロバと見つめ合いながら 

 

きっと私はいま、世界で誰よりもロバちゃんに近いんだろうナ。

 

と一人で勝ち誇って見ていたら、なんとビックリ!

 

ロバの瞳孔って、横長なのぉ~っ!?

 

ヤギとかヒツジは横長だけど。。ロバも???

 

知らなかった~! 調べてみたらウマも、シマウマも横長との事。

 

いったい今まで「超・至近距離」で何を見ていたんだ~???

 

あぁ、何という観察力の無さよ。。。


第2話(2022/5/2)

動物のうしろ姿が可愛くて、可愛くて、可愛くて。。

「うしろ姿が可愛い」の巻
「うしろ姿が可愛い」の巻

人間のうしろ姿には全く興味がありませんが、どういう訳か動物のうしろ姿や後頭部に魅せられております。

 

この無防備な感じがたまらなく可愛いのです。

 

目が横に付いてしかも少し出ているウサギは355度以上の視野角を持つそうですから、真後ろにいてもバレバレなのですが、パンダは目が前についていますから後頭部は完全に死角でしょう。

 

気付かれるまで、ただひたすら眺めていたい。

そんな今日この頃です。

 

いつの日か「動物のうしろ姿写真集」を出せる日を夢見ています。


スポンサーリンク

第3話(2022/5/3)

これは七面鳥(シチメンチョウ)に関するお話です。(どうでも良い話なので、お忙しい方はスルーしてください)

「七面鳥のはなし」の巻
「七面鳥のはなし」の巻

今から20年ほども前になりますが、当時勤めていた会社の同僚と飲みの席でクイズゲームをしていた時の事。

問題の中身は忘れましたが、その同僚が自信満々に発した答えが

 

「ハチメンチョウ!!!」でした。

 

八面鳥ぉ~っっっ!?。。と盛大に笑わせて頂きましたが、

「正解!!」と言っておきました。

あの人は今。。。

 

 

動物豆知識:七面鳥の名前の由来は、頭から首にかけての皮膚の色が興奮したりした時に多様に変化するそうでして、これが「七つの顔(面)をもつ鳥」と表現された事によるのだそうです。なるほどね~


第4話(2022/5/6)

各園の紹介ページには「動物一覧表」なるものがあるのですが。。。

「動物一覧表も見てね」の巻
「動物一覧表も見てね」の巻

現在紹介している全ての動物園について、飼育展示されている「動物一覧表を掲載しておりますが、実は、コレ、制作・更新にあたってはかなりの重労働なのです。

 

基本的には各動物園のホームページから抽出しているのですが、それだけでは不十分な場合には、業務報告書などの公開資料の他、園内マップ、Twitter、ブログ、Facebookなどから情報を得ています。

その後で、収集したデータを日本動物園水族館協会JAZAの検索システムと突合して仕上げるといった感じです。それでも整合性がとれない場合には、最後の、最後の、最後の手段として直接動物園に確認しています。

 

 まぁ、何と言っても「生き物」ですから、生まれたり亡くなったり、病気をしたり元気になったり、施設間の移動もありますしね。状況がコロコロころころと変わりますが、なんとか頑張って更新していきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


第5話(2022/5/8)

「ダチョウの部屋」公開まであと少し。。。

「ダチョウの部屋」まもなく公開
「ダチョウの部屋」まもなく公開

当、動物園情報サイトzoo-paletteでは、会いたい動物がどこにいるのかが分かる「○○の部屋」のコーナーを多くのお客様にご覧いただいております。

 

 2020年の秋頃に「ライオンの部屋」からスタートした「○○の部屋」シリーズも既に30部屋となりました。

 

 おかげ様で大変な人気のコーナーとなっておりますので、今後も継続して、新たな動物についても追加していきたいと考えています。

 

 次なる31部屋目の動物は「ダチョウ」です。

 

ダチョウって、脳ミソ小さいから○○だの△△だの言われている様だけど、とってもスゴイんだぞっ! という様な内容になるかと思います。

 

あと少しで公開できますので、今しばらくお待ちくださいませ。

<追記> 5/22に『ダチョウの部屋』公開しました。是非ご覧くださいませ。⇒ ダチョウの部屋を見る


スポンサーリンク

第6話(2022/5/11)

「よこはま動物園ズーラシア」ってやっぱり。。

「よこはま動物園ズーラシア」
「よこはま動物園ズーラシア」

神奈川県の「よこはま動物園ズーラシア」に行って来ました。

 

9:30の開園と同時に入ってスイスイ~ッと回って、カシャカシャッと撮影して、サクッと帰って来ようと思っていたのですが、そんな簡単に行くはずもありませんでした。

 

やっぱり広いな~、ズーラシア。

 

とんでもない広さに完全なる時間切れです。

1日かかりますよね、やっぱりね。ズーラシアはね。広いですからね。

 

午後は用事があったので、泣く泣く半分だけ回って終了です。

近いうちに残りの半分を見に行きたいと思います。 

 

★写真をクリックすると拡大表示できます


第7話(2022/5/15)

恐るべし、ゾウさん。

ゾウの鼻はアズキもつまめる!
ゾウの鼻はアズキもつまめる!

ゾウの鼻は器用だねぇ

 

動物園でゾウを眺めていると、(あの鼻、スゲーな~)と感心してしまいます。地面に散らばった草を器用に集めて、きれいに食べるんですよねぇ。

 

ホウキよりも綺麗になるのでは?と思うほどです。

 

ある情報によると、ピーナッツは勿論、

アズキの粒でさえも鼻でつまめたとの事です。

知識の宝庫!目がテン!ライブラリーより

 

私なんか、床に落ちたクリップでも苦戦しているっつ~のに。。。


スポンサーリンク

第8話(2022/5/22)

クロマニョン人がイノシシの絵を描いた。

4万年前の壁画はイノシシ
4万年前の壁画はイノシシ

みなさんは「絵」はお上手でしょうか?

 

私は小学生の時に「カブトムシ」を描いたつもりでしたが、先生に「カナブンか、上手いな~」と言われ、とても複雑な気持ちになった記憶があります。残念ながら、そんなレベルです。

 

さてさて、2021年にインドネシアの洞窟で動物(イノシシ)の壁画が発見されました。なんと4万5500年以上前に描かれたもので、世界最古を更新したそうです。

 

4万年前と言われてもピンと来ませんが、調べましたら(地域は異なりますが)ネアンデルタール人とかクロマニョン人の時代との事です。 クロマニョン人と聞いて、やっとピンと来ました。♪はじめにんげん ゴンゴンゴ~ン♪ですね!(何ソレ?という方はこちら

 

ともかく、当時の人々はいったいどんな理由で、どんな会話をしながら壁画を描いたのでしょう?

時には太古の昔に想いを巡らせるのも良いものですね。

 

ちなみに、4万年前の絵はとても上手いです。

★画像の掲載ができませんので、興味のある方はリンク先にてご覧ください。<世界最古の動物壁画|BBC NEWS JAPAN>


第9話(2022/5/29)

名前を信じちゃいけねぇぜ~

トウキョウトガリネズミは超ミニサイズ!
トウキョウトガリネズミは超ミニサイズ!

生息地が名前に付く動物って結構多いですよね。

 

北海道のエゾリス、奄美のアマミノクロウサギ、対馬のツシマヤマネコ、北極圏のホッキョクグマなどは有名ですよね。

 

ところが「そうじゃない系」見つけちゃいました。

 

その名は、トウキョウトガリネズミ

(東京都+ガリネズミ? いやいや、東京+トガリネズミです) 

 

この子「東京」にはいません。「北海道」にいます。

しかもネズミではなく「モグラ」です。

名前と合っているのは、鼻がとんがっている事から付けられた「トガリ」の部分だけ。

 

ちなみにこの子、世界最小クラスの哺乳類だそうです。(体長約4.5cm、体重約2g)

体重2gって。。。1円玉2枚分です。 めっちゃ軽いや~ん!!

  

★「トウキョウ~」となってしまった理由を知りたい方は <未来をつくるSDGsマガジン・ソトコト> へどうぞ。 


スポンサーリンク

第10話(2022/6/1)

zoo-palette管理人が撮影した写真はタダなんですよ。

zoo-paletteの画像は写真ACからどうぞ。
zoo-paletteの画像は写真ACからどうぞ。

zoo-paletteに掲載している動物写真やイラストの8割は素材サイトから調達しています。(残りの2割ほどは自分たちで撮影したり、描いたりしています)

 

最近ふと、自分たちで撮影したものは

(公開して、使って頂いたらいいんじゃね?)

と思い立ちまして、このたび、当サイトzoo-paletteにて撮影した写真のフリー写真素材サイトへの投稿を始める事にいたしました。

 

素材サイト超大手の「写真AC」です。

 

全ての画像に審査が行われておりまして、残念ながら審査落ちしている写真もありますが、現在のところ7~8割は審査を通過して掲載がスタートしている様です。

 

クリエイターネーム『Mr.gejigeji』で登録しておりますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

現在公開中の画像はこちらです ⇒ zoo-paletteが撮影した無料写真素材

 


第11話(2022/6/5)

とあるライオン夫婦の一風景

完全にスネている奥様ライオン
完全にスネている奥様ライオン

5/11(第6話)に回り切れなかった、よこはま動物園ズーラシアの残り半分を見に行ってきました。

 

残り半分とはいえ撮影をしながらなので、4時間ちょいとかかってしまいました。快晴の空のもと、かき氷が良く売れてましたね。

 

途中、面白いライオン夫婦を見かけましたのでご紹介しますね。

 

タイトルを付けるならば、

『何かやらかした旦那と、その嫁さん』

 

 この状態でず~っと「静止」しておりましたので、怒りを通り越してあきれ、そしてスネちゃってる感じでした。

 

恐らく旦那は何をやらかしたのか、サッパリ分かっていないケースでしょう。

 

どうぞ、奥様を大切に。。。


スポンサーリンク

第12話(2022/6/10)

カメさんに負けたのは「rabbit」ではないのだヨ

カメさんに負けたのは「rabbit」ではないのだヨ
カメさんに負けたのは「rabbit」ではないのだヨ

突然ですが英語の問題です。

次の英文は、ある有名な昔話のタイトルです。何という物語でしょう?

 

『The Tortoise and The Hare』

(ヒント:画像のままです)

 

速攻で答えです。『ウサギとカメ』で~す。

 

英語が分かる方にとっては(まんまじゃん)って事なのかも知れませんが、私はウサギとカメだったら「rabbit&turtle」でしょ。と思ったのですが、違うらしいですね。

 

~少々ややこしいですが解説を。

まず、カメについては、「tortoise・トータス=リクガメ」「turtle・タートル=ウミガメ(ミスガメ)」を指すそうです。(※最後尾追記あり) 

 

そしてもっと驚いたのがウサギでした。ウサギは何でもかんでも「ラビット」と思い込んでいましたが、rabbit・ラビット=穴ウサギ」「hare・ヘア=野ウサギ」を指すそうです。(※最後尾追記あり)

ペットとして飼われたりもする、小柄で真ん丸で「可愛い~」と愛でられるrabbit(穴ウサギ)に対して、筋肉ムキムキで大きくて足が長くて耳がデカくて、立ち上がると「あれ?ナンカ違う。。」とか言われてしまうのがワイルドなhare(野ウサギ)だそうです。

 

という訳で「ウサギとカメ」のお話はヘア&。。。あ、前後が逆になるのですね。「トータス&ヘア」としてお語り継ぎくださいませ。

※追記:カメの総称としてturtle、ウサギの総称としてrabbitを使用する国・地域もあるそうです


第13話(2022/6/24)

動物学と思っていたら哲学が割り込んできたぞ。

動物行動学と思っていたら哲学が割り込んできたぞ。
動物行動学と思っていたら哲学が割り込んできたぞ。

 

動物同士、動物と人間のコミュニケーションに関する動物行動学の本『言葉を使う動物たち』を読んでいます。

 

数多くの具体的な動物の会話手段について言及していますので、とても勉強になりますが、時折意味が分からず「はて?」という深みにハマる箇所もあります。よく見てみたら「2016年ベスト哲学書ノミネート」と書いてありました。 哲学書だったのですね。。。

 

 

でも、まぁ、アレですよ。

動物はしゃべってますよ。間違いなく。

 

ジャイアントパンダは「そっちの笹の方が美味しそうだね。ちょうだいヨ」と言っていますし、オランウータンは「このタオルはこうやって畳むんだヨ」とか言っていますし、第11話でご紹介したライオンの夫婦なんて、旦那さんの「ゴメンナサイ。」が聞こえてくるようでした。

 

近所でケンカしているネコや、コンビニの前でワンワン吠えているイヌ、電柱のてっぺんで必死に叫んでいるカラスなど。

じ~~っと観察していると会話の内容が見えてくるかも知れませんね。


第14話(2022/7/5)

当サイトの人気ナンバーワンは!

検索キーワード第1位はナマケモノだよ。
検索キーワード第1位はナマケモノだよ。

動物園情報サイトzoo-paletteも、早いものでスタートから2年半ほどが経ちまして、ふと、

 

どんな動物が人気なんだろう?

 

と気になりました。そこで

 過去1年間の検索キーワードを調べてみました。すると、

 

おや? おやおや~?  意外でしたね~!

 

第1位は、

 『ナマケモノ 動物園』 ですって。

しかもダントツ。

 

地味に強かったのね。

確かに可愛いですもんネ。

  

これからもマイペースなナマケモノさんを何卒よろしくお願いいたします。

 

ちなみに、第2位の検索ワードは『動物の日』、第3位は『アライグマ 動物園』でした。


第15話(2022/7/12)

カルガモが住む街

カルガモがいるこの街が好き
カルガモがいるこの街が好き

私は、今暮らしている街が大好きです。

 

都会でもなく、田舎すぎる事もなく、

買い物にも困らず、病院もあり、交通の便も良い。

そして治安もとても良い街です。

 

妥協した点もいくつかあったのですが、それでも「この街にしよう!」と決めた大きな理由のひとつは、

 

カルガモがいたから でした。

  

仕事で煮詰まった~!という時には、決まってカルガモさんに会いに行きます。(何かアドバイスをくれる訳でもないんですけどね。)

 

今振り返ってみても、カルガモのいる街にして良かった。と思います。

見ているだけで癒されますね。

 

以上、住む街自慢でした!


第16話(2022/7/16)

アルマジロが先か、アルキメデスが先か?

アルマジロが先か、アルキメデスが先か?
アルマジロが先か、アルキメデスが先か?

アルマジロをよ~く見ていたら、頭や背中の皮の部分が「六角形」で構成されている事に気が付きました

 

子供の頃に「六角形というのは丈夫なんだよ。ハチの巣なんかそうだろ?」と教えてもらった事がありましたが、まさかアルマジロも同じだとは思いもしませんでした。

 

調べてみましたら、1種類で隙間なく並べられる正多角形は「正三角形」「正方形」「正六角形」の3つだけで、中でも「正六角形」は最もズレにくく安定している形状との事。

 

六角形を選んだアルマジロ君、 Good Job ダヨ

 

ちなみに、六角形と五角形で構成されたサッカーボールの様な球体を考案したのは紀元前287年(未詳)に生まれたアルキメデスとの事です。古代ギリシャのアルキメデスは、南米に住むアルマジロの存在を知っていたのでしょうかねぇ?


第17話(2022/7/31)

ロバ、Twitterに乗って世界へ。

お手手をそろえて、お行儀が良いロバの「かぐや」ちゃん
お手手をそろえて、お行儀が良いロバの「かぐや」ちゃん

日本のTwitter利用者数はアメリカに次ぐ世界第2位で、5500万を超えているようです。(BACKLINCOより

 

zoo-paletteでもTwitterを利用しておりまして、先日「7/29は世界トラの日ですよ~」とTweetした所、とんでもない数の反応をいただきました。(ネガティブな反応ではないのでご安心ください)

  

さらに、神奈川県の夢見ヶ崎動物公園にいる、私が大好きなロバの「かぐや」ちゃんを「立ち姿が美しいロバ」として写真付きでtweetしたのですが、これもまた非常に多くの皆様に反応していただいて大変驚きました。

 

「ただロバが立っているだけ」

 

と言ってしまっては

 

「ロバに謝れ。」と叱られそうな気もしますが、

 

たった一枚のロバの写真で多くの方がHAPPYになり、その中から「ん?ナンカ動物園に行きたくなってきたぞ。」

と思う方が出てくるならば、まさにTweet効果であり、反応を下さった皆様には感謝するばかりです。

 

これからも、つい動物園に行きたくなってしまう様な楽しい情報をドンドンお届けして参りますので、今後のtweetにもどうぞ期待してくださいませ。 ・・・ zoo-palette Twitterはこちら


第18話(2022/8/8)

英語の動物の「群れ」の表現はえらいクールだ。

私の「都こんぶ」を返してください。
私の「都こんぶ」を返してください。

「ライオンの群れ」の事を英語で「プライド=pride」と呼ぶそうです。

prideは「誇り、自尊心」などの意味なので「百獣の王」たる、誇り高きライオンにはぴったりの表現だと思います。

 

ライオン以外にも様々な表現がある様で、日本語ではハトであってもアリであっても「○○の群れ」としか表現しないので、動物ごとに異なる表現があるというのはとても面白いなと思いました。 ユニークなものをいくつかご紹介しますね。

 

ラクダの群れ = a train of camels(ラクダの列車)、a caravan of camels(ラクダの商人集団

フクロウの群れ = a parliament of owls(フクロウの議会

ゾウの群れ = a memory of elephants(ゾウの記憶

魚の群れ = a school of fish(魚の学校

キリンの群れ = a tower of giraffes(キリンのタワー

ヒツジの群れ = a flock of sheep(ヒツジの毛くず

ラッコの群れ = a raft of sea otters(ラッコのいかだ

 

「フクロウの議会」は、知恵の象徴から、という事でしょうか?

「ゾウの記憶」は、ゾウのハンパない記憶力の良さからでしょう!

「魚の学校」は、めだかの学校!? いやいや違うっしょ。

「キリンのタワー」とか「ヒツジの毛くず」は見たまんまですね。

「ラッコのいかだ」も見たまんまで、手をつないでプカプカ浮かぶラッコたちが目に浮かびます。

 

~ あとがき ~

私は子供の頃、小豆島でサルの群れに「都こんぶ」を強奪されました。

「おサルさんの群れ」は私の中では「サルの○○」です。 言いませんけど~。


第19話(2022/8/19)

日本でゆるキャラを押し通すカピさんは、現地ではかなりのツワモノらしい

カピバラは草原を支配する
カピバラは草原を支配する

半年ほど前に「日本人のおなまえ」というNHK番組が終了しました。タイトル通り、日本人の名前の由来を探っていくという内容で、解説が分かりやすくとても面白い番組でした。

 

動物に関しても、発見された動物の数だけ名前がある訳ですが、由来を探ってみるとなかなか面白いものです。

 

例えばナマケモノ。和名のナマケモノはズバリ、「怠け者」に見えるからで、英名slothも同様に「怠惰」という意味だそうです。でも学名folivoraは怠け者ではなく「葉っぱを食べる」という意味なので、どこかの時点で(なんだかな~)な名前を付けられてしまったのでしょうね。

 

モンゴルで化石で発見された恐竜「Oviraptor(卵泥棒)」はもっと残念です。自分の卵を温めていただけなのに、何かの拍子で土に埋もれ化石となり、発見されたと思ったら、「卵泥棒」って。

 

そりゃないぜ。

 

ちなみに、名前は一度付けたら変えられないそうです。

 

残念なのはこの位にして、逆にイケてる名前もちょこっとだけご紹介しますね。

「カピバラ=ka'apiûara(草原の支配者)」・・・ ゆるキャラの素顔はスゴイようです

「フラミンゴ=flamma(炎)」・・・ 真紅ですもんね

「オランウータン=orangutan(森の人)」・・・ さすがの賢人です

などが個人的にはカッコいいかな、などと思ったりしています。

 

そう言えば、昔「UTAN(ウータン)」という科学雑誌がありました。もしかして、オランウータンのウータン?と思って調べて見たら。。。違ったようです。(気になる方はwikiにて


第20話(2022/8/27)

「いのち」の価値に差が付いている現実はとても悲しい

アニマルの語源は「いのち」なのだ
アニマルの語源は「いのち」なのだ

毎年9月20日~26日は「動物愛護週間」です。

 

上野動物園で7月に募集された「動物愛護標語」の入選作品12点の発表がありまして、早速拝見しました。

 

作品はこちらで閲覧できます ⇒ 上野動物園ホームページへ

 

動物愛護の精神に沿った素敵な作品が並ぶ中で、私は「いのち」という言葉に目がとまりました。12作品中、半数の6作品で「いのち」が使われていました。

 

以前に「動物」の語源を調べた事がありまして、

動物を意味するANIMAL(アニマル)の語源は、ラテン語のANIMAで、これは「命」「魂」という意味だそうです。そこから若干変化してANIMAL = ANIMA(命)+ L(もの)、つまり「命があるもの」という単語になったそうです。

 

語源を調べてみると、本来の意味や人の願いが見える事が多いです。

日常的に、人間を含めた多くの命の価値に差が付けられていると強く感じます。

一番大切なものって「いのち」なんですよ。やっぱり、ね。 


第21話(2022/9/11)

桃太郎について行った仲間たち。

桃太郎 with 十二支の仲間たち
桃太郎 with 十二支の仲間たち

今回は、日本を代表するおとぎ話「桃太郎」に関するお話です。

 

超有名な昔話「桃太郎」。各地で代々語り継がれるうちに、舞台となった地方や、桃太郎の生まれ方、彼の人物像などは地域によってかなり異なる様ですが、お供になった動物が「イヌ」「サル」「トリ(キジ)」であるという点については、ほぼ一致している様ですね。

 

ところで、この3種の動物たちが「全て十二支に含まれていて、しかも並んでいる」って事、ご存じでしたか?

 

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥 って、ホラ!

 

え?もしかして、コレって 常識です?

私はこれまで全く気が付かず生きて来ましたけど。。

 

なんでも、鬼がいる方角「丑・寅」を鬼門とみた場合に、反対方向の裏鬼門にあたる動物「申・酉・戌」が選ばれたのだとか。

(正確には裏鬼門は未・申ですが、ヒツジのツノが鬼と通ずるので避けたとか、ヒツジは弱いから避けたとか、様々な解釈があるようです)


第22話(2022/9/19)

バクがこんなにカワイイ動物だったなんて。。

バク沼にどっぷり浸かっていますよ。
バク沼にどっぷり浸かっていますよ。

zoo-paletteを始める迄は完全にノーマークだったバクに、今どっぷりとハマっています。

 

なんちゅうカワイイ動物なんだ!

 

①クリクリお目目

②と~っても穏やか

③なにげに巨体

④巨体なのに鳴き声は「ピャ~ォ」

そして

⑤ブラッシングにヨワすぎる!

 

ゴシッ。とされただけでトロットロッに溶けるんです。

 

いや~、もの凄いダークホースでした。バク。

 

ぜひ皆さんもバクの魅力をご堪能くださいな。

↓ ↓ ↓

長崎バイオパークのトロけるバクさんの動画(YouTube)

 


・・・ 気が向いたら更新します ・・・

また来てね~